1.放射能標準溶液

Activity standard solution

size
① 005タイプ ② 010タイプ 図1 容器(ガラスアンプル)

仕様

校正項目: 放射能濃度(Bq/g)
JCSS校正: 可能です。ご注文時にお申込ください。
放射能規格:

公称放射能±20%
*公称放射能は、カタログ記載の範囲からご指定ください。範囲外の放射能をご希望の場合には、お問い合わせください。

校正の
不確かさ:
±1%~±5%
規格容器:

5ml又は10mlガラスアンプル(図1参照) 50mlガラスアンプルのご用意もあります。 各容器への充填量は下表を参照の上、ご指定ください。

規格容器 充填範囲
 5ml  3 ~ 5 ml
10ml  6 ~ 10 ml
50ml 30 ~ 50 ml
担体溶液
(キャリア):

RIガラス容器壁面への吸着をできるだけ少なくするために、溶液には0.1mg/g程度のキャリアが含まれています。
Technical information「標準溶液化学データ」にてご確認ください。

注意事項:

ご購入前に事前にご確認ください→下限数量以下の非密封線源の販売について
ガラス容器壁面への吸着や沈殿等により放射能濃度が変化する場合がありますので、なるべく早い時期にご使用下さい。
9核種混合標準溶液の製造スケジュール(年3回)の詳細はこちらをご確認ください。

◎詳細はこちら[244KB]