16.校正依頼

◎「照射線量率標準」が2019年4月1日から変更となります。詳細はこちら

校正証明書について

JCSS標章付校正証明書(JCSS校正)とアイソトープ協会の校正証明書(以下、JRIA校正)の2種類があります。
 

校正について

校正にはJCSS校正とJRIA校正(協会校正)の2種類があります。JCSS校正の場合はJCSS標章付校正証明書が発行され、JRIA校正の場合は当協会オリジナルの校正証明書が発行されます。
 
 参考)計量法トレーサビリティ制度(JCSS)についての詳細はこちら
    よくある質問(FAQ)
      JCSS校正 と JRIA校正(協会校正)の違いはなんですか?
    技術情報・サポート情報>用語説明
    技術情報・サポート情報>校正証明書の見方
 

協会製標準線源の校正について(新規ご購入)

協会製品カタログに掲載する、放射能又は表面放出率標準線源及び放射能標準溶液には全てJCSS校正を行う事が可能です。ただし、照射線量率ガンマ標準線源のうち一部の製品についてJCSS校正ができないものがあります。詳細は製品カタログにてご確認の上、『アイソトープ注文書』にてお申し込みください。
 
 参考)よくある質問(FAQ)
      どんな線源にJCSS校正が行えるのですか?
    製品のご注文について(手順)はこちら 
    アイソトープ注文書の記入方法、ダウンロードはこちら 
 

ご依頼品の校正について(再校正)

すでにご使用されている密封線源のうち、協会製品カタログに掲載する一部の製品について校正を行うことが可能です。協会製以外の線源について校正をご希望される場合は、個別にお問い合わせ願います。なお、破損等により密封性能が保証できない製品や放射能等によっては校正できない場合があります。
 
校正項目 JRIA校正証明書付価格
(税抜 円)
JCSS校正証明書付価格
(税抜 円)
アルファ線表面放出率 66,000 79,000
ベータ線表面放出率 66,000 79,000
放射能(ガンマ線源) 53,000 66,000
照射線量率 91,000 200,000
 参考)よくあるご質問(FAQ) 
      再校正が可能な協会製カタログ製品について
 
校正項目と、JRIA校正またはJCSS校正のいずれかをご選択いただき、『校正申込書』にてお申込ください。
 校正のご依頼について(手順)はこちら 
 校正申込書の記入方法、ダウンロードはこちら