下限数量以下の非密封RIの使用に関する安全取扱マニュアル

掲載日:2019年4月23日

本マニュアルは、前身のライフサイエンス部会及び現在の理工・ライフサイエンス部会 下限数量以下の非密封RIの安全取扱に関する専門委員会において作成したものです。
放射線障害防止法上の管理区域を有する事業所及び管理区域を持たない事業所の各々を対象に、下限数量以下の非密封RIを利用する際の安全な取り扱いについて取りまとめました。
どうぞご活用ください。
2019年3月

(注1)印刷物等に転載するには、転載許可が必要です。
(注2)委員の所属等は執筆時のものです。

許可を有する事業所向け

  • 非密封RIの使用許可を有する施設における下限数量以下での非密封RIの使用に関する 安全取扱マニュアル[228KB]
    ダウンロード
  • 概要紹介ポスターはこちら

管理区域を有する事業所における管理区域外使用を念頭に、管理や法令遵守の参考にしていただけるよう編集いたしました。

目次紹介

はじめに
  1. 下限数量以下の非密封RIとは
    1-1 非密封RIの定義について
    1-2 下限数量について
  2. 非密封RIの許可事業所における下限数量以下での使用
    2-1 法的使用条件
    2-2 非密封RIの購入・受入
    2-3 管理区域からの搬出
    2-4 管理区域外での下限数量以下の非密封RI取扱の実際
    2-5 取扱う実験室における排気・排水
    2-6 管理区域への返却
    2-7 使用等の記録
    (付録)Q&A

許可を持たない事業所向け

  • 使用許可を持たない施設における下限数量以下の非密封RIの使用に関する安全取扱マニュアル[2.3MB]
    ダウンロード


管理区域を持たない事業所において、下限数量以下の非密封RIを安全にお使いいただけるよう、実験例を含めて編集いたしました。

目次紹介

はじめに
  1. 下限数量以下の非密封RIとは
    1-1 非密封RIの定義について
    1-2 下限数量について
    1-3 下限数量以下の非密封RIの購入と判断例
    (1)1事業所で1核種のみ購入する場合
    (2)2種類以上の核種を購入する場合
  2. 下限数量以下の非密封RIを使用するための注意点
    2-1 受入・保管について
    管理帳簿様式例1:【下限数量以下の非密封RIの受入・使用簿】
    管理帳簿様式例2:【下限数量以下の非密封RIの保管管理帳簿(核種別集計表)】
    2-2 使用場所について
    2-3 使用~保管場所への返却について
  3. 日本アイソトープ協会取扱の下限数量以下の非密封RIを購入するには
    様式例1:非密封RI使用事業所登録依頼・同意書
    様式例2:「下限数量以下RI注文書」(許可使用施設以外の事業所専用)
  4. 下限数量以下の非密封RIを用いた実験(実習)例
    付録
    参考資料

下限数量以下の非密封RIを用いた実験(実習)例

(現在、準備中です。)
下限数量以下の非密封RIを用いた実験(実習)例を順次掲載いたします。

  • 物理学に関する実験例
  • 化学に関する実験例
  • 計測に関する実験例
  • 生物に関する実験例
  • 実習例
下限数量以下の非密封³²Pを用いた放射線測定
(A大学薬学部の実施例、一部記載省略)
[327KB]
下限数量以下の非密封32Pを用いたβ線の最大エネルギー推定と未知核種の同定
(B大学薬学部の実施例)
[628KB]
下限数量以下の非密封32Pと35Sを用いた遺伝子発現機構の検証実験
(サイエンスパートナーシッププログラム等におけるC高等学校の実施例)
[216KB]

下限数量以下のRIの供給について

日本アイソトープ協会における下限数量以下のRIの供給についてはこちらをご参照下さい。