核医学検査Q&A

 核医学検査(アイソトープ検査・RI(アールアイ)検査)は、患者さんにとって苦痛の少ない検査方法です。また、核医学検査は、エックス線検査、MRI(エムアールアイ)検査、CT検査、超音波検査等と同様に画像により診断する検査方法ですが、その特徴を生かして、脳、心臓、甲状腺、悪性腫瘍等の診断に欠かせない検査方法として医療に役立っています。

核医学検査(アイソトープ検査・RI検査)をお受けになる方々へ

 核医学検査を行うには、専用の装置や「放射性医薬品」という特殊なくすりが必要です。さらに、専門の医師と診療放射線技師が安全に配慮して行います。患者さんの病状を正確に把握し、より遺切な治療方針を決定するためや治療後の経過を的確に観察するために、核医学検査が必要とされているのです。

 このQ&Aは、核医学検査をお受けになる方やそのご家族の方に読んでいただき、核医学検査についてのご理解を深めていただく目的で、日本核医学会日本核医学技術学会および日本アイソトープ協会の3団体が共同で作成したものです。

 一括ダウンロードファイル(PDF)のご利用につきましては、以下の条件をあらかじめご承知おき下さい。

  1. 一括ダウンロードファイル(PDF)へのリンクはフリーです。
  2. 印刷物等に転載する場合には、転載許可が必要です。
  3. ハードコピーすることは原則自由です。
  4. 画像を改変することは原則禁止します。

核医学検査Q&A 一括 ダウンロード[1.4MB]

ご利用のPCやインターネットの接続環境により、ダウンロードに時間がかかる場合がありますのでご了承下さい。
Q&A(冊子版)の郵送をご希望の方は、下記メールまたはFAXにてご連絡ください。
お問合せ先

公益社団法人日本アイソトープ協会
学術振興部 学術課
TEL:03-5395-8081 FAX:03-5395-8053
核医学検査Q&A 冊子郵送申込み