バセドウ病のアイソトープ治療について

アイソトープ治療の歴史と安全性

 バセドウ病に対して放射性ヨウ素を使った初めての治療の試みは、1941年にアメリカの2つのグループで行われました。その後、多くの人が放射性ヨウ素治療(アイソトープ治療)を受けてきましたが、治療量のアイソトープが白血病や甲状腺癌を起こすという証拠はなく、アイソトープ治療は安全と考えられております。

 また、この治療には手術で見られる傷痕などの心配がなく、甲状腺の腫れが取れ、美容的にもアイソトープ治療は優れております。現在、アメリカではバセドウ病患者の80-90%がアイソトープ治療を受けています。日本でも、1998年から500メガベクレル(13.5ミリキューリー)までなら専門医療機関の外来で治療ができるようになりました。患者さんにとっては福音です。ただ、病状によっては入院して治療する場合もあります。

どのような人がアイソトープ治療を受けるのでしょうか?

 バセドウ病には薬物療法、手術療法とアイソトープ治療があります。
バセドウ病の患者さんは希望すれば、アイソトープ治療を受けられますが、特に次のような患者さんには良い治療です。

  • 抗甲状腺薬治療や手術を望まないとき
  • 甲状腺腫を小さくしたいとき
  • 心臓病や肝臓病などの慢性疾患を持っているとき
  • 抗甲状腺薬で十分コントロールできないとき
  • 抗甲状腺薬で副作用が出現したとき
  • 抗甲状腺薬中止後に再発したとき
  • 手術後にバセドウ病が再発したとき

アイソトープ治療を受けてはならない人

  • p04.gif妊婦または現在妊娠の可能性がある女性
  • 近い将来(6ヶ月以内)妊娠する可能性がある女性
  • 授乳婦

主治医と十分な検討が必要な人

  • 18才以下の方

副作用

 効果に個人差のあることが唯一の欠点です。そのためバセドウ病を確実に治そうとアイソトープの量を多くすると10年以内には、ほとんどの人が甲状腺のはたらきが落ちること(甲状腺機能低下症)になります。最近では、甲状腺機能低下症は欠点ではなく、治療効果と捉えられてきています。たしかに甲状腺機能低下症は放置するわけにはいきませんが、甲状腺ホルモン剤さえのめば、全く問題はありません。甲状腺ホルモン剤は体の中にある甲状腺ホルモンと同じものですから、基本的には適正な量をのんでいる限り副作用はありません。また、1年以上経過すれば、検査の頻度も半年~1年に一度でよく、経済的です。

 アイソトープ服用後に一時的に眼症状が悪化することがまれにあります。そのため、アイソトープ服用時に予防的にステロイド剤を服用することがあります。また、アイソトープ服用後にまぶたの腫れ、物が二重に見えるなどの症状が増悪した場合、ステロイド剤などで治療します。


実際の治療について

 治療は、アイソトープのカプセルをのむだけで大変簡単です。
p05.gif治療量のカプセルをのむ前に甲状腺にどれくらいアイソトープが取り込まれるか、摂取率検査をします。この検査もカプセルをのむだけで、服用3時間後もしくは24時間後に摂取率を測定します。アイソトープの取り込み具合をみて、投与量を決めるわけです。

1~2週間前から投与2日後まで、控えていただく食べ物など

海草類(昆布、ひじき、ワカメ、のり、寒天など)、ヨウ素強化卵、昆布だしの入った調味料は、摂らないで下さい。
ヨウ素を多く含む医薬品(うがい薬、ヨード造影剤など)の使用も避けるようにしましょう。

抗甲状腺薬(メルカゾール、チウラジールまたはプロパジール)

病状により治療4日~14日前から中止し、治療後3日目から開始しても良いです。

無機ヨウ素剤(ヨウ化カリウム丸や内服用ルゴール液など)

病状により治療3日~7日前から中止します。
治療後3日目から開始しても良いでしょう。

ベータ遮断薬やカルシウム拮抗薬(脈を少なくするクスリ)

病状により、甲状腺機能が落ち着くまで服用します。

アイソトープ治療後の注意事項

p06.gif 服用したアイソトープのうち甲状腺に取り込まれなかったものは、ほとんど尿中に排出されます。ほんの少し、汗や唾液からも出ます。この放射線は人体に悪影響を及ぼしませんが、微量の放射線が出ていることをご本人に認識していただく必要があります。
以下に述べる注意は、被ばくを他人に与えないエチケットと考えてください。

 ご本人に対して安全な治療法ですから、他人に危険を及ぼすことはありませんが、アイソトープ治療を受けた方のエチケットとして守っていただきたい事柄です。

  1. 3日間は充分に水分を摂りましょう。早くアイソトープを体外へ出すためです。
  2. 3日間はお手洗いで排泄後はできれば2度水洗を流してください。男性の場合、尿の飛散による汚染を軽減させるため、便座に座り排尿することをお勧めします。
  3. 3日間は、風呂は最後にお入りください。汗に少量のアイソトープが出るからです。ただし、シャワーだけの場合は最初に入っても結構です。
    p07.gif
  4. 3日間は可能なら、一人で寝てください。3日間はキスやセックスはさけてください。唾液や体液に少量のアイソトープが出るからです。
  5. 7日間は子供や妊婦と親密に接触(距離1メートル以内)すること、近くで長時間過ごす(添い寝など)ことなどは避けてください。15分以上子供を抱かないようにしましょう。
    小児や妊婦と接する機会のある職業の方は2週間休職してください。
  6. 6ヶ月間は避妊をしてください。放射性ヨウ素の大部分は1ヶ月もすると身体から消失しますが、絶対に安全であるために避妊期間は6ヶ月間としています。

 いろいろ注意事項を書きましたが、アイソトープをのんで、本人が心配ないのに他人に影響がでるはずがありません。ご安心ください。

治療後の経過

p08.gif 1~2ヶ月後には治療効果が現れてきます。3~4ヶ月後に一時的に甲状腺機能低下状態になることがありますが、多くの場合、自然に甲状腺機能は回復してきます。治療効果を見るために4ヶ月間は月に1回程度の間隔で受診していただきます。

 また、1回のアイソトープ治療で効果が十分でない場合は、3~12ヶ月後に再度治療を行います。甲状腺ホルモンが低下している期間だけ甲状腺ホルモン剤をのんでもらうこともあります。そのまま、甲状腺ホルモン剤をのみ続ける必要がある人もいます。

 治療効果が出てくると甲状腺の腫れは小さくなります。外から見ても分からないくらい小さくなります。手術は、メスで腫れた甲状腺を小さくしますが、アイソトープ治療は放射線で甲状腺の腫れを小さくします。アイソトープ治療で治ると再発はまれです。
ここが手術と違うところです。

パンフレット一括ダウンロード 

こちらのページからパンフレット一括ダウンロードできます。

バセドウ病のアイソトープ治療Q&A 

バセドウ病のアイソトープ治療に関して、よくあるご質問はこちら