すでに使用している線源についてJCSS校正(又はJRIA校正)は可能ですか?

掲載日:2015年11月9日
協会製品カタログに掲載する密封標準線源のうち一部の製品についてJCSS校正(又はJRIA校正)を行うことが可能です。ただし、破損等により密封性能が保証できない製品や放射能等によっては校正できない場合があります。海外製品につきましては個別にお問い合わせください。

【再校正が可能な線源】
製品名称 製品コード1)
ベータ線表面放出率標準面線源  211タイプ、212タイプ、221タイプ
放射能標準ガンマ線源  401タイプ、402タイプ、405タイプ
 407タイプ
照射線量率標準ガンマ線源  453タイプ、454タイプ、455タイプ
 456タイプ、462タイプ、463タイプ注2)
 464タイプ注2)
【再校正が不可能な線源】
製品名称 製品コード1)
放射能標準溶液   全製品
放射能標準ガンマ線源   403タイプ、404タイプ
放射能標準ガンマ面線源   411タイプ、412タイプ、421タイプ
放射能標準ガンマ体積線源   全製品

注1)製品コード番号は協会製品カタログをご参照ください
注2)JRIA校正のみ再校正可能です。