非許可事業所において教育目的で学生に下限数量以下のRIを用いて実習したい。記録はどのようにすればよいでしょうか。

掲載日:2016年8月22
 下限数量以下の非密封RIを用いる場合は、放射線障害防止法の規制はかかりません。したがって非許可事業所であれば法令上の記録は必要ありません。ただし、管理のために記録をつけることをお勧めします。なお、このような事業所におけるRIの入手に当たっては、あらかじめ供給元(日本アイソトープ協会等)と十分な打ち合わせを行う必要があります。