ごあいさつ

 日本アイソトープ協会は、故仁科芳雄博士の尽力により輸入されたアイソトープを全国の研究者に配分したことを契機に、アイソトープの安全取扱いおよび取扱技術の向上と普及を図ることを目的として昭和26年に設立されました。研究者・使用者の団体として発足した当協会は、昭和34年からはアイソトープ廃棄物の集荷事業を開始し、アイソトープ・放射線に係る調査研究とともにアイソトープの供給から廃棄までを一貫して取り扱うことにより、社会に安全と安心をお約束してまいりました。
 現在、アイソトープ・放射線は、私たちの命を守り、生活の質を向上させるため、幅広い分野で活躍しています。医学分野では、アイソトープ検査による正確な病気の診断や放射線による生体機能を維持したがん治療に、産業分野では、鉄や紙の厚さを迅速・正確に測定する品質管理や土壌中の水分の測定・プラントの非破壊検査などによる安全管理、さらに、研究分野では大学等の試験所・研究所における基礎研究のための重要な試薬・線源として利用されています。
 日本アイソトープ協会は、今後とも国民生活の向上のため、利用者のみなさまとともに、アイソトープ・放射線の利用技術の普及と安全取扱いを推進してまいります。

kaityou.jpg
公益社団法人 日本アイソトープ協会
会長  有馬 朗人

経営理念

  1. 日本アイソトープ協会は、アイソトープ及び放射線の利用に係る普及啓発と技術の高度化を促進します。加えて、安全確保と法令遵守を旨とし、頒布から廃棄まで一貫したアイソトープ事業の安定的な遂行を通じて、我が国における学術及び技術の発展と国民生活の向上に貢献します。
  2. 日本アイソトープ協会は、業務を行うにあたり、その社会的存在意義を十分に認識した上で、アイソトープ・放射線利用推進の理念を共有する会員並びに関係者の要望に、誠実かつ迅速に応えます。
  3. 日本アイソトープ協会は、職員一人一人が、個々の持ち場で個性と創意工夫を発揮し、自己研鑽を重ねることを通じて、公益に貢献する誇りを育む職場環境を作ります。