使用の許可を受けているふたつの法人の合併の手続きは、どのようになりますか。

掲載日:2016年8月22
 合併する法人は、あらかじめ合併の申請を行い(規則第24条の3)、原子力規制委員会の認可を受ける必要があります(法律第26条の2)。契約の形態が、吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割であって、施設等に一切変更を加えないのであれば、合併・分割の手続で許可の地位の承継が可能です。合併・分割の場合以外は、原則、廃止、新規許可の手続が必要です。
 合併等には、様々なケースがあるため、早い時期に原子力規制委員会放射線規制室に相談する方がよいでしょう。