密封の137Cs照射装置の許可を取得しています。申請の際、参考資料として図面を添付しましたが、後日コリメータの構造を変更しました。線量には影響しないのですが、どうすべきでしょうか。

掲載日:2016年8月22
 本件は、放射線障害防止法第3条第2項第5号の設備に該当するため、コリメータの構造が変わるのであれば同法10条第2項の変更許可申請の手続きが必要になると考えられます。装置のうち、遮蔽条件やビームの形状などの性能を変更する場合など装置の一部の構造が図面と異なることを原子力規制委員会放射線規制室に相談してください。「線量には影響しない」ことを証明する書面や測定データ、計算結果などの提出が求められる場合があります。