実験動物の試料(プレパラート等)を管理区域から持ち出して一般の実験室の装置で分析をしたいが、どうすればよいか。

掲載日:2016年8月22
 下限数量以下の放射性同位元素であれば管理区域から持ち出して使用することが可能ですが、まず管理区域外使用の変更の許可を受けなければなりません。許可が得られましたら、事業所としての管理体制を整えるなどの準備をし、放射線障害予防規程を変更した後、はじめて使用することが可能となります。詳しくは、平成17年6月文部科学省科学技術・学術政策局原子力安全課放射線規制室事務連絡(放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の一部を改正する法律及び関係法令の施行について)を参照してください。使用後は管理区域内に戻してください。