非密封のRIの1日最大使用数量を10倍に増加したいと考えています。そこで槽の使用期間を1日として「排水に係る放射性同位元素の濃度(排水口)」の計算を行うことは問題ないでしょうか。

掲載日:2016年8月22
 排水口における排液中の放射性同位元素の濃度を濃度限度以下とする能力を有することを申請書面において明らかにして、それが安全管理上問題ない方法によると判断されれば可能と思われます。槽の使用期間(貯留期間)についての規定はなく、選択した期間や希釈倍率などが適切なものであるかを申請書を審査する中で規制側が判断することになります。