放射線の取扱経験のある海外からの留学生が、留学先の事業所で新規に放射線を取扱う場合、教育訓練を省略することは可能でしょうか。

掲載日:2016年8月22
 教育訓練の項目は、①人体への影響、②安全取扱、③法令、④予防規程があります。留学生に限らず、それぞれの項目に対し十分な知識および技能を有していると認められる者に対しては省略することができます(施行規則第21条の2第2項)。省略する場合は、教育記録に省略理由を記載しておきます。留学生の場合は③法令と④予防規程については国によって異なりますので、省略できないと思われます。